スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ変更です。

ブログアドレス変わりました。
HPの右上から見れます。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

なし

最近のテレビ番組で、槇原敬之の作った「世界に一つだけの花」が21世紀の中で一番売れた曲だと言っていた。
その次の日、実家近くの寺の掲示板の説教には、現代が陥っている闇の根源の3要素なるものが書かれていて、自分の中でその二つの中の疑問と納得が合点したので、ふむふむと思っていたが、説教の内容の一つ「効率至上主義」以外は忘れてしまった。

とりあえず、「世界に〜」がすごく皆に愛されているのにも関わらず、右向け右の精神に依存してしまっているという現実。素のままでいいんだよ。という内容に賛同はできても、その為の行動はできかねますか。
オンリーワンもいいけど、やっぱり皆と一緒が安心安心。流行万歳。
効率至上主義というのも結局は他人の「個」を認めず、マニュアル化させる事然り。
効率の悪い人間は能力が低い、だめな人間。と見なす。
なんでこんな事ができないんだよ!と怒っても、そりゃあんた、人間だからに決まってるじゃない。なんでそんな事も解らないの?おいらはおいら。オンリーワンですよ?
開き直りはよくないな。

皆、あの唄のようにありたいというのはもちろんだろうけれど、そうある為には今の世の中はぐちゃ〜っとまとまりすぎて。
R0043423_convert_20120323160841.jpg
韓国古物。暗くて見えない。先が。。

HP更新しました。ご覧下さい。

帰国

韓国・ソウルより帰国。
ソウルはとても近く、繁華街を歩けばどこそれとなく目や耳に飛び込んでくる日本語。
韓国語を一切口に出さずとも食事や買い物が可能で、ここまで日本人びいきが凄まじいとは。。と驚き、感動を得ず。
でも、それの全てが悪いわけではなくて、買い物目的の観光客(私も)にとっては、とてもラクチンで優越感を感じる程。
古物業者も日本人慣れしている人が多かったな。

で、今回の韓国古物。焼物はスルー(!?)して木の物が中心です。
点数も決して多くはないですが、経年変化に富んだ味わい深いもの、摘んできました。
お足を運んでいただければ幸いです。
R0043358_convert_20120321160611_20120321160751.jpg
同行したK女史が随分と嫌な顔をしていた旅館の階段。見せる収納の極みか。。
(写真がこれしかなくてごめんなさい)

韓国。サクッと行ける感じがよいです。
勉強して再訪したいです。


明日22日(木)は定休日ですが14時頃から営業致します。ぜひ。。

韓国いきます

*3/17(土)~20(火)まで、韓国に仕入れに行きます。
その間お店はおやすみ。webからのご注文やお問い合わせは受け付けておりますが、返信は帰国後となります。
ご了承願います。

*明日は13時頃より、臨時営業致します。
お時間ございましたら、ぜひ遊びにいらしてください。。

*感性揺さぶる農具の残欠、渋い表情を浮かべた御深井釉、アメリカインダストリアルランプの雄O.C.WHITEのウォールランプ等々、HP更新しました。

.
.
.

初となる訪韓は近い。
何のツテもないので、自ら調べた場所を基にもやしの様なこの脚で稼ぐのみ。
結局は私にとってハングルは記号でしかなく、口からはお決まりのフレーズしか出そうにもないので、携帯の翻訳アプリ(これがすごい)に終始頼りっぱなしになるのはまちがいない。今回の旅は充電の残量との闘いになりそうだ。

飛行機で2時間、日本から最も近い国のその人達が培ってきた文化歴史、生活スタイルの相違を目と心で感じ、日々の暮らしの中に想像と豊かさを与えてくれるだろう、そんな道具類が仕入れられればと思う。
R0043312_convert_20120314170240.jpg
明治〜大正 陶製のおろし器 ¥5000-
そう、こんな道具類が仕入れられればと思う。


ありがとうございました。

初となる骨董市出店も無事に終える事ができました。
ご来場下さった方々、またその中で弊店の商品をお買い求め下さった方々、本当にありがとうございました。
以前にHPにてお買い求め下さった方と実際にお会いできたのは嬉しかった。また会いましょう!
まだお会いできていない方も、また行きます。いつかまた。。

やっぱり東京よかった。
骨董市なので何かを欲しているお客さんの中に店が入っていく。という通常の店で来客を待っているのとは逆のスタンスなのだけれど、あれだけ多くの方に反応してもらえたのはとても嬉しい。

店を開けて10ケ月。これはとてもいいよね!と店に並べた物が売れない中で、今回、床に並べた瞬間にご売約。それも実用性に乏しいくせに価格高なオブジェ類。
これが東京と名古屋の違いか。。
そう思わざるを得ない瞬間が何度も何度もあった。
名古屋の諸先輩方に言われていた事が体感できた一日だった。悲しいかな。
そのギャップが予想以上のもので凹む。

さあ、そうは言っても、ここ名古屋が私の本拠地なのである。
つるつるとしてどうにも絡みづらいがしっかりとした根を張らなければならない。
まずは入り口を広げよう。
R0043120_convert_20120306200035.jpg
かわいい印判の取皿など。¥500~


HP更新しました。間口狭いです。。
プロフィール

WALL..

Author:WALL..
WALL
-OLD FINE CRAFTS & PRODUCTS-
名古屋市天白区植田3-101
横地ビル1F
tel&fax052.807.6180
open 1200~2000
close thursday
mail wall.ofcp@gmail.com
www.wallofcp.com



大きな地図で見る



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。