スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE at WALL あとがき

少し時間が経ちましたがご報告。
終了しました。LIVE at WALL

参加してくれたアーティスト三名、またご来場下さった方々、どうもありがとうございました。
会場全体に静かで、それでいて心に温かいとてもすばらしい空気が充満していました。そう確信しています。

YOK
R0041525_convert_20120131184609.jpg

昔はこれでも、バンドを組んでライブをやったりしていたのだけれど、こういった主催側に回るのは初めての事で、告知や会場作りなど、色々と大変で当日も最後まで落ち着かない部分があった。
ライブをやる側とは違った緊張感がありますな。初めての事だし尚更。。
家に着いた頃には、すっかり疲れてしまった。
しかし、本当にやってよかった。

小池喬
R0041537_convert_20120131184636.jpg

小池君が言っていたな。100回までやれと。
100回やる頃には、店内もすっかりライブハウスとなりて、たまにはクラブと化しているかも。
別に、それならそれで構わない。
私は、古物が好きだからこの仕事がやれています。音楽も好きだから、このイベントが企画できました。
やっぱり、一歩引いて取り組むには私には難しいのかもしれません。歩幅がとても広いので。

R0041521_convert_20120131185236.jpg
店内のあるったけの椅子類と家から持参した椅子で会場を埋めた。

次回、開催日時は未定ですが、春頃を目処にやれたらとざっくり思っています。
スポンサーサイト

LIVE at WALL

いよいよ明日となりました。

LIVE at WALL
2012年 1月28日(土) 18:30会場/19:00開演 1000円(予約優先)


小池喬(シラオカ)
YOK
Pyakyarn

       
ヨーロッパや日本、アメリカといった様々な国の古物や生活雑貨を販売するWALLにて、名古屋インディ・シーンを担う3名の歌い手によるアコースティックライブを開催します。
指で弾かれたギターの音色と共に耳元近くでそっと語りかけるその声は、深く潜る冬の夜、静かな光の下、温かな空気を餌にして目と耳にやわらかく溶け込みます。
ライブハウスとは違った空間でのそれは、語り手と聴き手、それぞれに新鮮で新しい風を感じさせる事でしょう。また、演奏と同時に店内商品もご覧頂けます。





心配していた来場者数もおかげさまでほぼ定員まで達した。
ご予約下さった方々、どうもありがとうございます。
ただ、行けたら行く、という曖昧な返事も多く、余裕があれば定員を超えても入場できるようにはしたいですが、状況次第ではお断りさせていただく事もあるかもしれません。何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

車でご来場予定の方々。駐車場はございません(通常は一台有)ので近隣のコインパーキングに駐車して下さい。(最も近いのは駅前のUFJ銀行。店まで徒歩3分程)


※明日は15時まで通常営業とさせていただきます。



軽く周囲の情報を。
R0041496_convert_20120127140037.jpg
植田駅バスターミナルのすぐ北にそびえ建つ横地ビル。
このビルの一階となります。

R0041495_convert_20120127140120.jpg
お店の向かいには、地下鉄植田駅の1番とコナミのスポーツクラブがあります。

R0041493_convert_20120127140101.jpg
植田駅の1番出口からの風景。
道を挟んですぐ。1番右の黒いところです。
お隣は鶯色のORI COFFEE。

R0041497_convert_20120127140139.jpg

皆様にとって良い時間となりますように。

HPに商品を少しアップしました。




アフリカの陶製人形

昨日の仕入、思う様にいかなかったり、そうかと思えば予想外の出会いに心がひどく疼いた。
京都万歳。

通勤時、高速道路の脇を通るのでそこに吸い込まれていく車を眺めては、あの車はどこまで旅をするのかと勝手に思いを巡らせて羨んでいる。

高速乗って西へ東へ。
行った事ないあんな街こんな店。
色彩豊かに香る山川。
郷土料理は表通りの裏にあり。
帰りはゆっくり余韻に浸る。
明日の現実ちらちらよぎる。
もう少しもう少し。。
寂しさは次回の旅の原動力。

帰郷の際、連れ合いにと譲り受けた牛(?)は、遠くアフリカの大地からの旅の途中であった。
R0041227_smll.jpg

R0041231_smll.jpg

R0041238_smll.jpg
長旅により、右耳の一部を失い、左前脚を痛めたようだが、どうでしょう。
この表情。





R0041228_smll.jpg
しばらくはここでごゆるりと。。

営業日の変更

24日(火)は、仕入の為お休みさせていただきます。
変わって、26日(木)は営業となります。

ご来店を予定されていた方がいらっしゃいましたら、大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

また、1/28(土)に店内で行われるアコースティックライブ[LIVE at WALL]ですが、定員まで残り少なくなってきております。ご来場をご希望の方はご予約をされるのが確実かと思います。
そうは言っても、会場に余裕があるようでしたら定員を超えてもご来場いただけるようにはするつもりですが。。
いやいや、まずはご予約を。。
R0041071_convert_20120121205542.jpg
ニュウが柳の様でとても印象的。

銅製の注器

先日、ひさしぶりに骨董市へ。
ちょいと出遅れた感がありつつも、うむうむしげしげと場内をぐるぐる回る。
おっ。と思う物が多い時に限って予算が厳しい。弱輩者の宿命。
価格。モノ。売れるか?直感を働かさずに2歩も3歩も後ずさってみる。
粘って粘って数百円を値切る。
今になっても脳裏に巡るあれらのモノを手にする事はもうないだろうな。
さらば冬のかもめ。来世で会おう。

R0041045_smll_20120120174119.jpg

R0041041_smll_20120120174120.jpg
それだけして残ったモノがこんなモノでがっかり?

HP更新しました。



そして。。



LIVE at WALL
2012年 1月28日(土) 18:30会場/19:00開演 1000円(予約優先)



小池喬(シラオカ)
YOK
Pyakyarn


 
      

ヨーロッパや日本、アメリカといった様々な国の古物や生活雑貨を販売するWALLにて、名古屋インディ・シーンを担う3名の歌い手によるアコースティックライブを開催します。
指で弾かれたギターの音色と共に耳元近くでそっと語りかけるその声は、深く潜る冬の夜、静かな光の下、温かな空気を餌にして目と耳にやわらかく溶け込みます。
ライブハウスとは違った空間でのそれは、語り手と聴き手、それぞれに新鮮で新しい風を感じさせる事でしょう。また、演奏と同時に店内商品もご覧頂けます。


会場の都合により、先着30名様までとさせていただきます。
ご来場をご希望の方はお電話かメールにてご予約下さい。
   


名古屋市天白区植田3-101
横地ビル1F
052−807−6180
mail wall.ofcp@gmail.com
http://www.wallofcp.com

地下鉄鶴舞線「植田」1番出口向かい

残すところ一週間となりました。
予約しなくてもいいだろうとお考えの方。
確かにそうなのだけれど、予約してくれると私の気持ちが随分ラクになります。
よろしくお願いします。

プロフィール

WALL..

Author:WALL..
WALL
-OLD FINE CRAFTS & PRODUCTS-
名古屋市天白区植田3-101
横地ビル1F
tel&fax052.807.6180
open 1200~2000
close thursday
mail wall.ofcp@gmail.com
www.wallofcp.com



大きな地図で見る



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。