スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤卓児個展

彼との付き合いはもう10年以上になる。
高校は同じだったけど、クラスが違ったので遊んだりはなかったが、卒業後に共通の友人を通して遊ぶようになり、後には彼の大学の仲間とバンドを組む事になった。
彼は不良だった。
直ちに朱に染められた私はお洒落を捨て髪を剃った。
彼は下世話な不良ではなく自らの意思を持ち自己の表現として絵を書き続け、そして叫んだ。
かっこ良かった。
それに比べ私はただの馬鹿だった。否、馬鹿に不良にもなりきれなかった。自分というのものがなかった。
とにかくなんとなくテキトーにだらだらと毎日を過ごす。それこそが不良だとさえ思っていたのかもしれない。全くもってめでたい。

しかし、感受性の高い彼は当然、悩んだり苦しんだりしていた。
私も内心、不良ぶる事に疲れていた。バンドは2年程で解散した。
数年間はバンドが解散しただけで変わらずに遊んだりしていたが、私も自分の在り方を模索している内に、徐々に会う回数も少なくなり、たまにある仲間内のイベントでしか会わなくなった。

そんな折に彼から連絡が来た。父親が亡くなったとの事だった。

そこから彼の人生は変わった。
それはもう見事な変わりようだった。まさに180°
父親の死をきっかけに過去の自分を見つめ直し、未来の生き方に彼なりの何かを見出す事ができた彼は自分の中の暗い部分の一切を吐き捨て、沖縄をはじめとして全国各地を放浪し、愛とは何か、平和とは何かと体感し、叫ばず、絵の色調は明るく鮮やかなものへと変化した。

その後も会う回数は増える事はなかったが、本格的に絵を書き、個展を開き、フランス語を学び、歌い、旅をする彼がようやく掴んだフランスへの切符。
渡仏の前に一度、日本で個展をやっておきたいと思っていたらしく、私は店を開店させたばかり。
ちょっとしたギャラリーとしても展開できたらいいかな。と思っていた所にドンピシャリなタイミングで彼は現れた。

Peace-Art+2011-1_convert_20110704155702.jpg

Peace-Art+2011-2_convert_20110704155733.jpg


ご挨拶
例年より工夫を凝らし、涼をとることで涼しくなった今年の夏は、皆様の暖かい心とともに、素晴らしい日本の夏の情緒も戻って来た気がいたします。
およそ3年ぶりとなる今回の個展では、自然、平和、祈り、そして心がテーマとなっています。
個展会場では、ART(絵画作品など)を中心に、自然物(植物や木、石など)、アンティークの物達(什器など)で空間を展示、構成しており、新しくて、どこか懐かしい空間を作り、皆様をお待ちしております。
現在、世界各地で相次ぐ自然災害や、テロ、戦争、貧困、エネルギー等の問題は、私達に本質的で、シンプルな回答を要求しています。
何が一番大切なのか?どうやって生きて行くのか?どういう暮らしを求めるのか?
答えは、それぞれの心の中にあります。そして自分で選んで決めて、行動する必要に迫られています。
今回の個展は私なりの答えとなっております。
過去に、未来に、そして現在にある大切な物。それらを改めて提示、展示することで、新たな時代への勇気、希望、ヴィジョンを提示いたします。
私は、新しい時代の到来に希望と元気に満ちております。
なぜなら私は、人は世界をより良く変えられると信じているからです。
今回の事も、人類が、世界がより良く変わる為のターニングポイントにもなり得ると考えています。
自分を平和に満たし、勇気を持って生き、希望を見いだす事で人生は変わります。
日本をかえよう!世界をかえよう!
希望と光、愛と平和に満ちた新しい世界に!
まずは、私の変化をご覧ください。
新しいARTとの、人との、一期一会の素晴らしい出会いが、あなたをお待ちしております。

Peace-Artist 安藤卓児



安藤卓児 Peace-Artist

「art(芸術)でpeace(平和)な世界を創造する。」をコンセプトに、世界を舞台に活動するpeace-artist。
2006年より、琉球(沖縄)をはじめ、日本全国を旅して、peace-artを発案する。
トレードマークとなっている笑顔でバンザイをしたキャラクター「み~あちゃん」をはじめとする、笑顔や、かわいさ、Happyなイメージの作品から、宇宙を想わせる抽象絵画作品、古代文明への憧憬や、スピリチュアルなインスピレーションによる作品など、その作品、世界観も多岐に及ぶ。
一貫して主張し続けるコンセプト(愛)と(平和)に、(元気)と(楽しさ)が加わり、さらに拡大した彼の作品。世界に触れた者は、新しい感動に打たれ、新しい時代、新しい世界の到来を予感するであろう。
まさに新世代、真時代の芸術家といえるだろう。

2011年9月より、Franceの首都であるParisを中心にヨーロッパで、滞在、製作、活動を行う事が決定。
本物の日本人である彼の、今後の世界的活動、展開からも目が離せない。

web http://www.takujiando.com/
blog http://ameblo.jp/tkz-39/
facebook http://www.facebook.com/takuji.ando


ここまで目を通してくださった方、ありがとうございます!
そんな貴方のお越しをお待ちしております。

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

WALL..

Author:WALL..
WALL
-OLD FINE CRAFTS & PRODUCTS-
名古屋市天白区植田3-101
横地ビル1F
tel&fax052.807.6180
open 1200~2000
close thursday
mail wall.ofcp@gmail.com
www.wallofcp.com



大きな地図で見る



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。