スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印判小皿

昨日は奈良県へ。
目的は二つ。
一つは、うつわ穂垂にて開催されている長谷川奈津さんの個展。
もう一つは、かねてから一度お会いたいしたいと思っていた三坂堂の白土さんのもとへ。

長谷川奈津さんの個展では、椀と鉢を購入。
いい意味で甘さの残るよい仕事。壷も欲しかったけどお金がないからと小壷にするのも嫌なのでまたの機会に。
奈津さんに会えたていたら、勢い余って財布の中身も見ずに購入していただろう。アブナイ!
でも、店主の石澤さんや、他の来場者の方々とのやわらかい雰囲気の中で愉しい時間を過ごすことができた。
うつわ穂垂は住宅地の中にあるごく一般的な住宅なので、行かれる方は地図の確認をお忘れなく。。

そこから白土さん宅へ向かおうと北上してたら法隆寺に行き着いて見学。
小学校の修学旅行以来だったんだけど、こんなに広かった!?
結局、足早に、でも、回りきれずで。

その後、やたらと細い道ばかりを指示するカーナビに従って白土さん宅に到着。
こちらはマンションの一室。判るワケがない。
というのも、奈良に越してこられた白土さんは現在、実店舗は構えておらずWEBでの販売がメイン。
アポイントに限り自宅にて対面販売されているので、今回とうとうお邪魔させていただいた。
WEBに掲載されている本人の写真と音楽やカルチャーの好みから、もう少し男臭い風貌をイメージしていたが、実際は見た目も中身も軽やかで爽やかな人だった。
いろいろと話しをさせていただいて私は愉しかった。

白土さんの事をどこで知ったかは覚えがないけれど彼のWEB(三坂堂通信)を見てストリートカルチャーに身を置いていた人間が骨董屋をやっていることにまず驚いた。
感覚はするどく、骨董、カルチャー、アートに造詣は深く、それに加え内装業も兼ねての文章達者。オーマイ!
初めてWEBを見た時から会ってみたいなー。思っていたのでようやく。
なので、私は愉しかった!から長居してしまった。パターンですね。

譲っていただいたモノの紹介はまた今度。。

印判の小皿
R0019886_convert_20110722204432.jpg

R0019887_convert_20110722204407.jpg
ポップ
R0019890_convert_20110722204449.jpg

R0019891_convert_20110722204506.jpg
自分でも意外なモノに手を出したと思う。
昭和初期の輸出用の印判モノ
鳳凰、桐に唐草を絡めてエキゾチックMADE IN JAPAN
チープにかわいく。
たまにはアリです。

H20 Φ155
sold















Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

WALL..

Author:WALL..
WALL
-OLD FINE CRAFTS & PRODUCTS-
名古屋市天白区植田3-101
横地ビル1F
tel&fax052.807.6180
open 1200~2000
close thursday
mail wall.ofcp@gmail.com
www.wallofcp.com



大きな地図で見る



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。